9月からオリーブ石けんが新しくなります。

背景がわかる良質な商品をお届けします。

パレスチナ・オリーブでは、素材の質や効能はもちろん、
誰が、どんな状況で、どういう方法で作ったものなのかといった製造背景をクリアにしています。
だから安心。だから美味しい。だから、自信を持ってオススメできる商品ばかりです。

生産者パートナーと協力し、ともに生きる
誰もが大切にされる社会を作っていきます。

パレスチナ・オリーブは、パレスチナ北部のガリラヤ地方(1948年からイスラエル領)のオリーブオイルなどの食品、ヨルダン川西岸地区(パレスチナ自治区)ナーブルスのオリーブ石けん、ヨルダン川西岸地区(パレスチナ自治区)イドナ村の刺繍製品を扱っています。

実際に食べて使って納得したものを輸入し、現地を訪問・交流しながら活動しています。

イベント

『ぜいとぅーん』49号 お知らせ

『ぜいとぅーん』49号 2012年10月5日発行

  • 大変お待たせしましたが、キャロブ・シロップ入荷しています!
  • 「パレスチナ・オリーブ石けん+セージ」と「パレスチナ・オリーブ石けん+ザクロ」。試しに買った後、気に入ってまとめ買いという方が多いです。まず、お試し下さい。

シンディアナニュース

ナーブルス訪問

 9月初めに、シンディアナのカゴ作りチームは、ヨルダン川西岸地区ナーブルスでのワークショップに参加しました。シンディアナの女性たちは、カゴ作りを熱心に学ぼうとするナーブルスの女性たちに教えることを楽しんだり、パレスチナ自治区の雰囲気を楽しんだりしました。隔離壁の建設以来、以前のように、イスラエル内のパレスチナ人がヨルダン川西岸地区に気軽に買い物に行ったりするようなことはできなくなりました。交流を深める貴重な機会になったようです。

 これは”Fair Trade, Fair Peace”というプロジェクトの一環で、EUが資金援助をし、ベツレヘムの生産者団体とイタリアのNGO、シンディアナが協力して行っています。


新プロジェクト

 近代的な有機農法のオリーブ林として、シンディアナで農地の整備、水の利用申請、苗木の植樹から行ってきたロハ・プロジェクトは2年目に入り、人の高さくらいのオリーブの樹々は枝を伸ばし葉を増やしています。

 さらに今年、ナザレの南、ヤフィア村でのオリーブ林プロジェクトが始まりました。9月に、シンディアナの仲間やボランティアなどみんなで、オリーブの苗木を植えたそうです!

 土地や環境を守り、経済的な基盤をつくって、パレスチナ住民がエンパワーメントしていくためのオリーブ林。オリーブオイル等を買い支えてくださっている皆様がいてこそのプロジェクトです。今後ともよろしくお願いします!


フェイスブック

 ガリラヤのシンディアナがフェイスブックに写真や活動報告を載せています。9月末、そこに、突如、滋賀県のフェアトレードショップ「ねこのひたい」の浅野さんの写真が載りました。200人目に「いいね!」をクリックして、DVD、ポストカード、手紙がシンディアナから届いたそうです。みんなびっくりでした。シンディアナも、日本でオリーブ製品を販売している人が200人目!は驚いたようです。7月末に「ねこのひたい」さんを訪問したばかりだった私もびっくりしました。

(ちなみにパレスチナ・オリーブはフェイスブックを使う予定はありません。ツイッターも無理です。)

 

目次に戻る

投稿日:2013年02月18日(月)
この記事のURL:http://www.paleoli.org/?eid=90