9月からオリーブ石けんが新しくなりました。

オリーブオイル 石けん サラダ オリーブオイル工場 オリーブの林

背景がわかる良質な商品をお届けします。

パレスチナ・オリーブでは、素材の質や効能はもちろん、
誰が、どんな状況で、どういう方法で作ったものなのかといった製造背景をクリアにしています。
だから安心。だから美味しい。だから、自信を持ってオススメできる商品ばかりです。

生産者パートナーと協力し、ともに生きる
誰もが大切にされる社会を作っていきます。

パレスチナ・オリーブは、パレスチナ北部のガリラヤ地方(1948年からイスラエル領)のオリーブオイルなどの食品、ヨルダン川西岸地区(パレスチナ自治区)ナーブルスのオリーブ石けん、ヨルダン川西岸地区(パレスチナ自治区)イドナ村の刺繍製品を扱っています。

実際に食べて使って納得したものを輸入し、現地を訪問・交流しながら活動しています。

イベント

オリーブオートミールクッキー 10〜12月末期間限定販売

『ぜいとぅーん』60号 2016年9月26日発行

オリーブオートミール

オリーブオイルの香りに包まれたサクッとした味わいのクッキー。食べ始めたら止まらない美味しさです。

オリーブオートミールクッキー
1袋 80g(約12枚) 350円(税抜)

材料:小麦粉(東北産)、オートミール(北海道産)、「ガリラヤのシンディアナ」のオリーブオイル、砂糖、卵、くるみ、塩、重曹

*賞味期限は製造から2ヶ月です。
*オリーブオイルやオリーブ石けん等と一緒にご注文・お届けできます。
*クッキーのご注文数、在庫によって、お届けまで通常より日数をいただくことがあります。
*定期的に、みんなの放射線測定室「てとてと」で測定し、検出限界10ベクレルで不検出です。

 2013年に甲府に移るまで、パレスチナ・オリーブで販売していたコッペさんのオリーブオートミールクッキー。今回、期間限定で販売します。
コッペさんは、障害のある人もない人も一緒に、約25人が働く仙台のパン屋さんです。風味豊かな国産小麦と安心な材料を使って、ひとつひとつ手作りしています。クッキー・パンを作る、袋詰め、配達、後片付けなど、それぞれ得意な作業を行っているそうです。

 仙台にいたときには、毎週2回、コッペさんに販売用のオリーブオートミールクッキーを配達してもらっていました。しかし、仙台から甲府に移り、配送料や賞味期限のことを考えると、クッキーを取り扱うのは難しいと判断し、パレスチナ・オリーブからの販売はやめました。

 仙台では、販売用のクッキーの注文のほか、私とスタッフのお昼ご飯やおやつ用にも、パンや他のクッキーも注文していました。甲府に来てからも、無性にコッペさんのクッキーが食べたくなり、時々、まとめて注文して送ってもらっていました。そして、今回、夏休み明けにクッキーを注文、久しぶりに食べて「やっぱり、おいしいなあ」と思い、期間限定で販売をしてみようと思い立ちました。
また、毎週配達に来ていただいていたので、コッペで働いている皆さんとも顔なじみだったのですが、コッペ(運営団体はNPO法人麦の会です)さんのニュースレターやサイトの写真を見ると懐かしい皆さんの顔が写っていて、コッペさんで働く人は長く勤めているんだな、働きやすい職場なんだろうなあ、と感じます。

 

*コッペさんでは、この期間以外でもオリーブオートミールクッキーを販売しています。このほかに15種類ほどのクッキーもっています。それらをご注文したい皆様は、直接、コッペさんへご注文お願いします。

 

コッペ
Tel.&.Fax. 022-299-1279
muginokai(a)k5.dion.ne.jp *(a)は@に変換してください。

 

参考: 河北新報記事
コッペ飯嶋さん
<地域を支えて>材料厳選 味に自信

 

 

目次に戻る

投稿日:2016年10月21日(金)
この記事のURL:http://www.paleoli.org/?eid=163