新シーズンのオリーブオイルとザアタルが入荷しました!

背景がわかる良質な商品をお届けします。

パレスチナ・オリーブでは、素材の質や効能はもちろん、
誰が、どんな状況で、どういう方法で作ったものなのかといった製造背景をクリアにしています。
だから安心。だから美味しい。だから、自信を持ってオススメできる商品ばかりです。

生産者パートナーと協力し、ともに生きる
誰もが大切にされる社会を作っていきます。

パレスチナ・オリーブは、パレスチナ北部のガリラヤ地方(1948年からイスラエル領)のオリーブオイルなどの食品、ヨルダン川西岸地区(パレスチナ自治区)ナーブルスのオリーブ石けん、ヨルダン川西岸地区(パレスチナ自治区)イドナ村の刺繍製品を扱っています。

実際に食べて使って納得したものを輸入し、現地を訪問・交流しながら活動しています。

イベント

『ぜいとぅーん』59号 お知らせ

『ぜいとぅーん』59号 2016年6月17日発行

新シーズンの商品入荷、在庫新シーズンの商品入荷、在庫

 新シーズンのオリーブオイル、ザータル、キャロブ・シロップが入荷しています。 大変申し訳ありませんが、2016年1月に入荷したアーモンドは売り切れてしまいました。収穫は10月ですので、それ以降の入荷となります。
[現在出荷中の商品の賞味期限]
オリーブオイル:2017年12月末
ザータル:2017年7月中旬  
キャロブ・シロップ:2017年8月 

オリーブオイルの味の専門家

  新シーズンのオリーブオイルには、初めてオリーブオイルの味の専門家である、エフード・ソリヤーノさんが関わっています。パレスチナ・オリーブ向けのオリーブオイルのブレンドが、シンディアナでの彼の初めての仕事だったそうです! 何をどのくらいで混ぜるとより良い風味になるのか、その配合です。シンディアナのプロジェクト林のオリーブオイル(コラティーナ種、ピクアル種)と、アーラ村のユーニスさんのオリーブオイル(バルネア種)でのオリジナルブレンドです。

 オリーブ栽培の専門家、オリーブオイルの品質管理の専門家、オリーブオイルの風味づくりの専門家はそれぞれ別になります。シンディアナの契約農家のアベッドさんやユーニスさんは、栽培の専門家です(オリーブ栽培とともに、アベッドさんは農業高校の先生、ユーニスさんは農業アドバイザーの仕事をしています)。オリーブオイルの風味をつくる、というのは、どこで育ったどの品種をいつ収穫すれば(早めか遅めか)どんな味になるか、そういうことを考えていくということです。また、同じバルネア種でも、ガリラヤ南部とガリラヤ北部では味が違う。それはどの料理に合うか、などなど。

 「シンディアナ」のオリーブオイルが5月にイタリア・パレルモのオリーブオイルの国際コンペで金賞を受賞しました。味で勝負したい、品質の良さを知ってほしい、と、近年あちこちの国際コンペに出品・受賞しています

ボトル・ラベル・包装の変更予定

 来年以降、オリーブオイルのボトルの形が変更予定です(最終決定ではありません)。丸っぽい、ワインボトルによくある形です。この形だと、ラベル貼り機械が使えるのだそうです。これに伴い、ラベルも変わります。石けん包装も、来年以降紙箱に変更予定です。

刺繍製品の入荷、在庫

  4月の訪問のときに注文した刺繍製品が、5月末に届きました。訪問時に「1ヶ月くらいで送れる」と言って、実際に1ヶ月で届きました! パレスチナでは珍しいことです。

 刺繍に限らず、オリーブオイルの輸入を始めた頃に、「納期」は「約束」ではなく「努力目標(予定)」であることに気がつきましたが。

  売り切れていたペンケースやポーチ、トートバッグのほか、新商品のコスメポーチ、ポシェットなども入荷しています。

刺繍製品はパレスチナ・オリーブのサイトに写真と価格、在庫を載せていますが、すでに、人気の立体型ペンケースは残りわずか、花柄パースもどんどん注文が入ってきているという状況ですので、お気に入りのものがあれば、なくなる前にご注文ください! インターネット環境にない方には印刷して郵送しますので、遠慮なくお知らせください。

 

目次に戻る

投稿日:2016年09月14日(水)
この記事のURL:http://www.paleoli.org/?eid=157