9月からオリーブ石けんが新しくなりました。

オリーブオイル 石けん サラダ オリーブオイル工場 オリーブの林

背景がわかる良質な商品をお届けします。

パレスチナ・オリーブでは、素材の質や効能はもちろん、
誰が、どんな状況で、どういう方法で作ったものなのかといった製造背景をクリアにしています。
だから安心。だから美味しい。だから、自信を持ってオススメできる商品ばかりです。

生産者パートナーと協力し、ともに生きる
誰もが大切にされる社会を作っていきます。

パレスチナ・オリーブは、パレスチナ北部のガリラヤ地方(1948年からイスラエル領)のオリーブオイルなどの食品、ヨルダン川西岸地区(パレスチナ自治区)ナーブルスのオリーブ石けん、ヨルダン川西岸地区(パレスチナ自治区)イドナ村の刺繍製品を扱っています。

実際に食べて使って納得したものを輸入し、現地を訪問・交流しながら活動しています。

イベント

『ぜいとぅーん』54号 お知らせ

『ぜいとぅーん』54号 2014年4月30日発行

 2月中旬の甲府の大雪に関して、たくさんのご心配・暖かい言葉をいただきました。どうもありがとうございました。
 私はちょうどパレスチナ訪問に行くときでしたが、大雪で甲府周辺の全ての交通機関が止まったため成田空港どころか、家から甲府駅にも行けない状態でした。結局、予定から丸1日遅れ、スーツケースを引っ張って(時には抱えて)甲府駅まで歩きましたが、中央線や中央道は再開の見通しなし。結局、唯一再開した県道を通ってタクシーで2時間、電車が動いている身延駅まで行って、身延線で静岡方面に出て成田空港に向かうという「脱出」でした。震災直後の交通・流通の遮断、脱出の追体験となり、精神的にはきつい出来事でした。

 自分のことはさておき、山梨県は農業を中心に大きな被害が出ました。(同じではありませんが)戦争、地震、大雪災害と、突然のことに翻弄されることを改めて感じました。

入荷予定

 品切れが続き申し訳ありません。現在、「オリーブ石けん+セージ」「オリーブ石けん+ザクロ」以外の全ての商品が売り切れです。新シーズンのオリーブ商品の入荷は5月中旬〜下旬の予定です。なお、石けんに関しては、輸入元のクロスロードトレーディングさんで検査等を行いますので、パレスチナ・オリーブへの入荷の日数が少し余分にかかります。

石けんの形・包装の変更

 前号の『ぜいとぅーん』でお知らせした内容から少し変更になりました。今回入荷するオリーブ石けんは全て、従来通りのほぼ正方形で、いままでより角が丸みのある形となりました。包装は、機械でのシュリンク包装となります。

目次に戻る

投稿日:2016年02月25日(木)
この記事のURL:http://www.paleoli.org/?eid=142