9月からオリーブ石けんが新しくなりました。

オリーブオイル 石けん サラダ オリーブオイル工場 オリーブの林

背景がわかる良質な商品をお届けします。

パレスチナ・オリーブでは、素材の質や効能はもちろん、
誰が、どんな状況で、どういう方法で作ったものなのかといった製造背景をクリアにしています。
だから安心。だから美味しい。だから、自信を持ってオススメできる商品ばかりです。

生産者パートナーと協力し、ともに生きる
誰もが大切にされる社会を作っていきます。

パレスチナ・オリーブは、パレスチナ北部のガリラヤ地方(1948年からイスラエル領)のオリーブオイルなどの食品、ヨルダン川西岸地区(パレスチナ自治区)ナーブルスのオリーブ石けん、ヨルダン川西岸地区(パレスチナ自治区)イドナ村の刺繍製品を扱っています。

実際に食べて使って納得したものを輸入し、現地を訪問・交流しながら活動しています。

イベント

『ぜいとぅーん』56号 訪問報告:ナーブルス石けん工場

『ぜいとぅーん』56号 2015年3月10日発行

 前回の訪問時は、大きな工場に移ったばかりで、まだ、広い空間の一部を使っている感じでしたが、今回は、機械も職人さんたちの人数も増え、ちょうどいい具合に動いているように感じました。

メンバー

 日本の家族経営の中小企業に似た雰囲気の石けん工場。事務方と職人さんたちを合わせると全体で約20人、いままでの倍になりました。ナーブルスと近郊の村の住民で、ナーブルスからは6人が車に乗り合わせて工場へ通っています。

 後述しますが、ドバイからナーブルスに帰って1週間、工場主の弟のアシュラフさんも、まだ慣れない様子ながら、職人さんたちと一緒に働いていました。

製造

 訪問時は”伝統的な石けん”を製造中でした。床に流し込んで固まった石けん素地の表面を綺麗にする。板状の石けん素地を格子状にカットする。カット後、金属のスタンプでマークを押す。板に並べて乾燥棚に入れていく。職人さんたちの無駄のない流れを美しく感じる作業風景でした。伝統的な石けんは、材料の混合から乾燥まで1〜1ヶ月半かかります。

包装

 前号でも書いた通り、現状のポリプロピレンの包装は、あまりに古い機械を使っていて、仕上がりの見栄えもよくありません(20年以上前からある小さな箱のような機械で私には愛着があるくらいですが)。シュリンクの構造上、空気が出て行く小さな穴は必然的に開くのですが、しばしば大きな穴になっており申し訳ありません。

 このため、工場では、紙でもポリプロピレンでも包装できる大きな機械を買ったのですが、1年半経っていまだに稼働できていません。包装用紙やそこに印刷するためのインクの購入単位が大きく、初期投資の額が大きいことが原因だそうです。機械を買うときには、それを知らされていなかった、と。

 このため、申し訳ありませんが、4月入荷分の石けんもポリプロピレンのシュリンク包装となります。来年こそ、新しい包装になる予定です。

助成金

 設備投資や、例えばソーラーパネルを工場の屋上に備えるなどのためにパレスチナ政府から助成金は出ないのかと尋ねると、「コネや賄賂がないともらえない」とのことでした。国際団体などからの特別な援助もなく、全うな労働環境で全うな製品価格で、自力で大きくしてきたのは、本当にすごいと思います。

オーガニックコスメ

 ちょうどエコサート(フランス本社)の担当者がドイツからオーガニックコスメの認定に訪問中でした。既に石けんの一部で認定を受けていて今回は継続審査でした。私は「認定」にはこだわりませんが、パレスチナの工場がエコサートのように国際的に著名な認定を受けることは貴重なのだろうと思います。

「帰国」とビザ

 工場主のマジュタバさんの弟アシュラフさんはドバイで働いていましたが12年ぶりにナーブルスに戻りました。しかし、アシュラフさんと二人の子どもはナーブルスに戻れましたが、ヨルダン育ちのパレスチナ人である奥さんのビザが出なくてヨルダン川西岸地区に入れずヨルダンにいます。幼い子どもたちは、毎日、朝と夜にお母さんに電話していました。シンディアナからイスラエルの弁護士を紹介してもらって方法を模索しています。

こぼれ話:アジアカップ

 街の両替屋さんやお店では、いろいろと話しかけられます。今回はちょうどアジアカップの最中だったので、サッカーのことを話しかけられました。

 「スポーツニュース読んだ? 日本はUAEに負けたね」と言うから「パレスチナには勝ったよ!」と答えると「おお、それを忘れていた! 4-0だったね」

 逆に「パレスチナは日本チームに0-4で負けてしまったけれど、オレは日本チームが好きだ。本田が好きなんだ」と言われたこともあります。私がサッカーに詳しくなので、それ以上会話がはずまず、申し訳なかったです(野球のことなら何でも話したいのに〜、ですが、野球はルールもよく知らないようです)。

 

目次に戻る

投稿日:2015年05月23日(土)
この記事のURL:http://www.paleoli.org/?eid=115