7月22日に国立(カフェれら)でお話会します。

背景がわかる良質な商品をお届けします。

パレスチナ・オリーブでは、素材の質や効能はもちろん、
誰が、どんな状況で、どういう方法で作ったものなのかといった製造背景をクリアにしています。
だから安心。だから美味しい。だから、自信を持ってオススメできる商品ばかりです。

生産者パートナーと協力し、ともに生きる
誰もが大切にされる社会を作っていきます。

パレスチナ・オリーブは、パレスチナ北部のガリラヤ地方(1948年からイスラエル領)のオリーブオイルなどの食品、ヨルダン川西岸地区(パレスチナ自治区)ナーブルスのオリーブ石けん、ヨルダン川西岸地区(パレスチナ自治区)イドナ村の刺繍製品を扱っています。

実際に食べて使って納得したものを輸入し、現地を訪問・交流しながら活動しています。

イベント

『ぜいとぅーん』52号 オススメ記事/編集後記+本・映画

『ぜいとぅーん』52号 2013年10月24日発行

オススメ記事

小田切拓「オスロ合意20年 サイクス・ピコがほくそえむ 中東の『国境線』が変わり始めた」(『世界』2013.11月号、岩波書店)

 中東全体が不安定な状況にある中、イスラエルは何を目指し、何処に向かっていくのか(「和平交渉」でパレスチナには主導権はない)。必読の論文!

 青山弘之「シリア 武力紛争の二年半は何だったのか」、長澤栄治「エジプトに彷徨う『ナセルの亡霊』」も同じ『世界』11月号にあり、専門家のきちんとした分析が勉強になります。

編集後記+本・映画

 9月11日は震災から2年半、9月13日はオスロ合意から20年。どちらも、なかなか先行きが見えないしんどい状況のため、私まで気持ちが沈みそうになりました(いつも、そこでみんなが頑張っているのに私が落ち込んでどうする!と思うのですが)。

 1993年。私は大学進学を機に仙台に住み、オスロ合意をきっかけにパレスチナにかかわり始めました。歓迎ムードに満ちたニュース報道を見ながら、これは本当に平和につながるのだろうか?と疑問を持ち、本を読んだり、パレスチナにかかわる市民活動に参加したりし始めたのです。本文でも書いたようにシリアのパレスチナ難民が再難民化していますが、パレスチナ難民問題もオスロ合意で切り捨てられたことの一つです。パレスチナ難民のほとんどはいま「イスラエル」となった土地から避難した人々とその子孫ですが(国連に認定された難民数は約500万人)、イスラエルはユダヤ人が多数の国家を維持するため、彼らの「帰還権」を認めないのです。イスラエルの「平和活動家」の多くもこの立場です(シオニスト左派)。

 10月に開催された山形国際ドキュメンタリー映画祭では、マハディ・フレフェル監督『我々のものではない世界』が大賞を取りました。レバノンのパレスチナ難民キャンプで育ち現在はデンマークで生活している監督が映し出す、難民キャンプの生活と歴史・変容。ぜひ見たい作品です。

 ニュースがないからといって、問題が解決しているわけではない。生活そのものの中に「占領」があり、「震災後」もあります。全国では報道されていなくても理不尽なことは日々起きています。地元に望まれていないのに国の方針で作られている巨大防潮堤。岩手・福島では延長となっているのに宮城では打ち切られた被災者の医療費免除(理由は「被災者が多すぎるから」)。キロあたり8000ベクレル以下の汚染牧草は焼却するという宮城県の通達。県議会で全会一致で決議されたのに1年経っても始まらない健康調査、、、。

 そして、小説がニュースより現実を映していると感じることもあります。震災・原発事故、戦争が詰まっている、辺見庸『青い花』(角川書店、2013.6)。アメリカのユダヤ人、入植地のユダヤ人などの生活をシニカルに描く、ネイサン・イングランダー『アンネ・フランクについて語るときに僕たちの語ること』 (新潮クレスト・ブックス、2013.3)。 

*「1970年、ニューヨーク州ロングアイランドのユダヤ教正統派コミュニティに生まれ、敬虔なユダヤ教徒の少年として成長。ニューヨーク州立大学在学中に初めてイスラエルを訪問。非宗教的知識人の存在にカルチャーショックを受け、やがて棄教。小説を書きはじめる。」 著者について本のカバーより

 最後に。超オススメ映画『スリングショット・ヒップホップ』が邦題『自由と壁とヒップホップ』となって、やっとやっと全国で劇場公開です! まずは11月下旬のシアター・イメージフォーラムから。ぜひご覧下さい。パレスチナ各地のラップグループ(女性のラッパーたちも!)を通して見えるパレスチナの日常。パレスチナ映画としても音楽映画としても楽しめます。

 

目次に戻る

投稿日:2014年01月10日(金)
この記事のURL:http://www.paleoli.org/?eid=111